×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 窓辺から空を見上げる1人の男がいたが、その瞳には何も映ってはおらずよどんでいる。そうし始めてかれこれ数時間過ぎているのだが、彼は飽きもせず空を見上げる。
 いや、これからここに来る少女のことを考えていた。
"彼女"に最後に会ったのは何時のことだっただろう。ずっとあそこに閉じ込められていた"彼女"にようやく会える。姿かたちが違えどもあの輝きは決して変わることがなく、彼が待ち続ける永遠に手に入れることは出来ない"彼女"。
 ふ、といつの間にか閉じていた瞳を開き、彼は視線を部屋の中に向ける。
「セシル様、彼もの達がこちらに到着いたしました。至急神殿までおいでくださいませ。」
 彼は無言で肯くと、窓辺から離れ歩き出す。待ち続けた存在に会いに行くために。



 彼のよどんだ瞳は強い意志を秘めたものに変わっていた。



  Novel