×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



「ねえ、この旅が終わったら、君はどうするの」

「行き成りだな」

「どうするの?」

「どうするも何も、これまで通り」

「そう」

「あんたはどうして俺にこんな事きいてきたんだ」

「気になる?」

「ならなかったら聞かない」

「到着した後、君がどうするのか気になったの。それだけ」

「ふうん。で、あんたは目的地に着いた後どうするんだ」

「君、この旅の目的ちゃんと分ってる?」

「分ってるさ。それでも」

「君が言いたいこと、ちゃんと分ってるよ。でも、これは自分で決めたことだから。護衛の1人に君が居てくれただけで十分。でも、君には辛いかな。ごめんね」

「謝るなよ。俺もあんたに会えた、それだけで十分だ」

「ありがとう」



 あんたが笑顔で言っていたのは覚えてるのに。

 肝心なあんたの顔がぼやけて思い出せないんだ。

 今。

 あんたはあそこで、何を思い、何を願っているんだ?

 今。

 俺は再び歩いている。

 あんたの居る場所へ。

 あの時と同じ目的を持って。

 俺は再び歩いてるんだ。



  Novel